位牌とは

位牌とは

位牌故人の戒名、没年月日、俗名、没年齢を「彫り」もしくは「書き」にて札板に記し、御仏壇におまつりするのが位牌です。
位牌は亡き方そのものであり、故人にして差し上げられる最後の贈り物です。
故人にふさわしいものをお選びください。

位牌には白木位牌と、本位牌(塗り位牌や唐木位牌等)があります。白木位牌は葬儀のときに用い、四十九日の法要までは、仮位牌として遺骨、遺影と一緒に祭壇にまつります。そして、四十九日の法要の際に、ご住職が白木位牌から魂をぬいて、本位牌に魂を入れてくださいます(開眼供養:かいげんくよう)。白木位牌は菩提寺に納めますので、仏壇におまつりするのは本位牌です。

白木位牌は葬儀社が用意してくれますが、本位牌は形も大きさも値段も様々です。品揃え豊富な「仏壇仏具専門店」で、仏壇の大きさに合わせてお選びください。

ご不明な点等がございましたら、経済産業省認可全日本宗教用具協同組合公認「仏事コーディネーター」がご相談を承ります。
お気軽に日本堂グループ各店にお問い合わせください。

分家の位牌

位牌や仏壇は、本家のみでおまつりするものではありません。個人の気持ちを大切にする今では、次男、三男でも両親の位牌を作り、仏壇におまつりする方もおられます。
※分家の位牌(位牌分け)の考え方は、宗派・地域によって若干変わる場合がありますので、詳しくは菩提寺様にご相談下さい。

古くなった位牌は?

「お位牌は亡き方そのものです」。何らかの理由で傷ついたり、文字が消えてしまったりした場合、そのままにしておくのは故人に申し訳が立ちません。
内容に応じて、修復もしくは作り替えをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。