お仏壇の日本堂
  • 仏具・神具のご相談はお気軽にお電話ください
  • 0120-29-0111

日本堂のオンラインショップ

商品一覧

24件の商品があります。 (1件~20件) 1/2ページ

【伝統工芸品 東京仏壇】桑製三方開仏壇<戸裏飛天レリーフ入り>60/35【価格お問合せ】

伝統工芸仏壇
【商品番号:2505】

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。


東京仏壇の中でも最大級となる35号巾(胴幅3.5尺:105㎝)のお仏壇です。

伝統工芸士 青嶋龍海氏の力作で、彫は四君子彫を基調とし、飛天レリーフ・三方枡組折上格天井・枡組唐破風屋根・無垢材に彫刻を施した柱・等々、伝統工芸士ならではの技術が贅沢に施された逸品です。

材質は日本では江戸時代から人気の続く桑材。このお仏壇の桑材は桑材の中でも最高峰といわれる通称「島桑」と呼ばれる桑材のみで造られております。

ご安置いただくためには二間間口以上のお仏間が必要となりますが、寸法も材質も装飾・彫も貴家末代までの家宝となる最高級仏壇でございます。

通常仏壇製作には日本全国の産地にて、その土地の木地師・彫師・欄間師・空殿師・塗師等多くの専門職人による分業によって製作されるのが一般的ですが、東京仏壇を製作する伝統工芸士は木地・彫・欄間・空殿を一人の職人が製作し、最後に塗師と呼ばれる漆塗職人によって摺漆を施され完成します。

一人の職人が長年の経験と勘で養った「木心(きこころ)」を聴く技術をもって一枚の木材の部位を吟味選別して部品加工し、その一つ一つの部品がもつ膨張収縮の癖を理解し部品同士が反り合い分解するのを防ぐ為、適材適所に配置して組上げていきます。その為数十年が経過しても引出・膳引・引戸などの可動部分は開きが鈍くなることもなく組上げられた当時と同じ機能性を維持し続けます。

特に35号巾の大型仏壇ともなりますと、一つ一つの部品が大きく、それらの部位が採れる大きな木地も入手が困難で、そのような大型で質の良い銘木が市場に出た時でないとこういった大型仏壇は製作することもかないません。

その昔、お仏壇を販売する老舗小売店は職人が大型良質の銘木を入手した噂を聞きつけるとお客様からの注文が無くても、将来の為に職人に大型仏壇の製作を依頼し、納期未定・彫柄職人任せで発注し、依頼を受けた職人も昼は普及品製作に没頭した後、「気分がのった時だけ」夜一人で工房に詰め集中力が途絶えるまで大型仏壇の製作に没頭し、利益度外視でその時その職人が持てる技の全てを投入してこの様な大型仏壇を製作していた時代がありました。

昨今、唐木も和銘木も大型の良質木地を入手することはほぼ不可能になってきており、伝統工芸技術を継承する若い職人も少なくなってきていることから今後はこのクラスのお仏壇供給は一段と難しくなってくることと思われます。

※島桑とは、
 桑材の中でも最高峰の通称「島桑」と呼ばれる三宅島・御蔵島産で堅く磨くと美しい光沢が出ることから江戸時代より指物に重用された銘木です。

※四君子彫とは
 東洋画で古代より草木の中の君子と称えられる4種の草木「蘭」「竹」「菊」「梅」の絵柄。
蘭=春、竹=夏、菊=秋、梅=冬と四季を表す草木としても知られております。
蘭はほのかな香りと気品を備え、竹は青々とし曲がらずまっすぐな性質を持ち、梅は早春の雪の中で最初に花を咲かせる強靱さ、菊は晩秋の寒さの中で鮮やかに咲く姿が好まれ、各々の性質が人として君子となる為に必要な要素を表すとして「四君子」と呼ばれております。

※飛天レリーフとは
 平等院鳳凰堂や法隆寺金堂などにもみられる天人が極楽浄土の空中を飛ぶ姿をモチーフにした絵柄。通常飛天図は浄土の空中を飛びながら天の花を散らし,あるいは天の音楽を奏し、あるいは香を薫じて仏を讃える天人を表す絵柄が多いですが、東京仏壇の大戸裏に施される飛天柄は天女がご本尊・お位牌を囲むように左右対称の柄になっているのが特徴です。



※商品価格は、お問合せください。

■材質詳細
・笠/桑厚板貼り
・主要芯材/朴
・戸軸/桑厚板貼り
・戸板/桑無垢
・台輪/桑厚板貼り
・表面仕上/摺漆仕上
生産地:日本


■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像はお客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。




【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/


※商品価格は、お問合せください。

0円(税込)

【伝統工芸品 東京仏壇】屋久杉製三方開仏壇 戸裏飛天レリーフ入り 57/28【価格お問合せ】

伝統工芸仏壇
【商品番号:2504】

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。



屋久島にて樹齢1000年以上生き続けた希少材屋久杉のみで製作された貴家の家宝となる逸品です。

屋久杉は屋久島にて樹齢1000年以上の杉に与えられる称号で、同じ屋久島に生える杉でも1000年に満たないものは「小杉(こすぎ)」と呼ばれます。

屋久島は樹木にとっては栄養の少ない花崗岩の島で、樹木の成長が遅いため木目が詰り降雨量が多く湿気が多いため樹脂分が多く腐りにくく、独特の木目と香りを放ついう特徴を持っています。

屋久杉は天然記念物指定を受けている理由から人工的な伐採が禁止されており、台風などの自然現象や枯れて倒木して始めて市場に出荷されます。近年の異常気象などで小杉の状態で倒木してしまう木が多く、「屋久杉」と呼べる木材は今後数百年の間絶えてしまうかもしれません。

彫刻は四君子彫を基調とし、大戸裏には飛天レリーフが施されております。内陣は三方枡組の折上格天井に枡組造りの唐破風屋根を設えた空殿と伝統工芸士の匠の技が余すところなく施された逸品になっております。

※四君子彫とは
 東洋画で古代より草木の中の君子と称えられる4種の草木「蘭」「竹」「菊」「梅」の絵柄。
蘭=春、竹=夏、菊=秋、梅=冬と四季を表す草木としても知られております。
蘭はほのかな香りと気品を備え、竹は青々とし曲がらずまっすぐな性質を持ち、梅は早春の雪の中で最初に花を咲かせる強靱さ、菊は晩秋の寒さの中で鮮やかに咲く姿が好まれ、各々の性質が人として君子となる為に必要な要素を表すとして「四君子」と呼ばれております。

※飛天レリーフとは
 平等院鳳凰堂や法隆寺金堂などにもみられる天人が極楽浄土の空中を飛ぶ姿をモチーフにした絵柄。通常飛天図は浄土の空中を飛びながら天の花を散らし,あるいは天の音楽を奏し、あるいは香を薫じて仏を讃える天人を表す絵柄が多いですが、東京仏壇の大戸裏に施される飛天柄は天女がご本尊・お位牌を囲むように左右対称の柄になっているのが特徴です。



※商品価格は、お問合せください。

■材質詳細
・笠/屋久杉厚板貼り
・主要芯材/朴
・戸軸/屋久杉厚板貼り
・戸板/屋久杉無垢
・台輪/屋久杉厚板貼り
・表面仕上/摺漆仕上
生産地:日本


■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像はお客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。



【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/


※商品価格は、お問合せください。

0円(税込)

【伝統工芸品 東京仏壇】桑製前開仏壇 置空殿 60/30【価格お問合せ】

伝統工芸仏壇
【商品番号:2503】

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。


独特の美しい木目と色の変化が人気の桑材のみで造られた逸品です。

東京仏壇で使用される桑材は桑材の中でも最高峰の通称「島桑」と呼ばれる三宅島・御蔵島産で堅く磨くと美しい光沢が出ることから江戸時代より指物に重用された材です。

東京仏壇を製作する伝統工芸士も江戸指物技術の伝承者であり、桑材を使用した東京仏壇は今でも非常に高い人気があります。

また、こちらのお仏壇は仏壇造りの最高峰となる「置き空殿」仕様となっており、ご本尊をご安置する須弥壇中央の空殿部分が独立した造りになっております。通常お仏壇では須弥壇の上に造り付けの空殿を設える仕様のお品が多いですが、この置き空殿は本物の寺院と同じく空殿と須弥壇が独立した造りとなっており、昔仏壇用置き空殿を専門に製作する「空殿師」という独立した職人がいたほど製作の難易度が高く、昨今の職人減少に伴い置き空殿仕様のお仏壇も少なくなってまいりました。

更にこちらのお仏壇は30号巾(胴幅3.0尺:90㎝)の前開き使用となっておりますので、一間間口のお仏間でも扉を余裕をもって開くことができ島桑の美しさを存分にご覧いただけるのと同時に、お仏間に対して内陣を広く使用できる仕上げとなっております(同じ30号巾でも三方開仏壇の場合は一間半から二間間口のお仏間が必要となります)ので多くのお位牌をご安置することが可能です。

内陣には隠し引出が設けられ、桐製の引出は大型ながら江戸指物師の技が光る鞴(ふいご)仕上げになっております。



※商品価格は、お問合せください。

■材質詳細
・笠/桑厚板貼り
・主要芯材/朴
・戸軸/桑厚板貼り
・戸板/桑無垢
・台輪/桑厚板貼り
・表面仕上/摺漆仕上
生産地:日本


■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像はお客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。




【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/


※商品価格は、お問合せください。

0円(税込)

【伝統工芸品 東京仏壇】日展 真海徳太郎勤作 紫檀内屋久杉製三方開仏壇<戸裏飛天レリーフ入り>60/30 【価格お問合せ】

伝統工芸仏壇
【商品番号:2500】

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。


大戸裏に平等院鳳凰堂や法隆寺金堂などにもみられる天人が極楽浄土の空中を飛ぶ姿をモチーフにした飛天レリーフを、障子部分には日展参与であられた故真海徳太郎氏勤作の彫刻を施した逸品です。

飛天レリーフが彫られている大戸裏には国の天然記念物指定を受けている屋久杉材を使用しております。屋久杉は屋久島にて樹齢1000年以上の杉に与えられる称号で、同じ屋久島に生える杉でも1000年に満たないものは「小杉(こすぎ)」と呼ばれます。

屋久島は樹木にとっては栄養の少ない花崗岩の島で、樹木の成長が遅いため木目が詰り降雨量が多く湿気が多いため樹脂分が多く腐りにくく、独特の木目と香りを放ついう特徴を持っています。

屋久杉は天然記念物指定を受けている理由から人工的な伐採が禁止されており、台風などの自然現象や枯れて倒木して始めて市場に出荷されます。近年の異常気象などで小杉の状態で倒木してしまう木が多く、「屋久杉」と呼べる木材は今後数百年の間絶えてしまうかもしれません。

そのような屋久杉を大型の大戸6枚に使用したこのお仏壇は礼拝対象のみならず貴家の家宝としても価値のある逸品でございます。


※商品価格は、お問合せください。

■材質詳細
・笠/紫檀厚板貼り
・主要芯材/朴
・戸軸/紫檀厚板貼り
・戸板/紫檀/屋久杉無垢
・台輪/紫檀厚板貼り
・表面仕上/摺漆仕上
生産地:日本


■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像はお客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。




【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/


※商品価格は、お問合せください。

0円(税込)

【伝統工芸品 東京仏壇】黒檀製三方開仏壇<障子四君子彫入・戸裏飛天レリーフ入り>60/30 【価格お問合せ】

伝統工芸仏壇
【商品番号:2499】

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。


東洋画で古代より草木の中の君子と称えられる4種の草木「蘭」「竹」「菊」「梅」の柄、「四君子」の彫を随所にあしらった逸品。
蘭=春、竹=夏、菊=秋、梅=冬と四季を表す草木としても知られております。
蘭はほのかな香りと気品を備え、竹は青々とし曲がらずまっすぐな性質を持ち、梅は早春の雪の中で最初に花を咲かせる強靱さ、菊は晩秋の寒さの中で鮮やかに咲く姿が好まれ、各々の性質が人として君子となる為に必要な要素を表すとして「四君子」と呼ばれております。

こちらのお仏壇は黒檀無垢厚板(6㎜~12㎜)の大戸裏・内障子・欄間・内陣の柱等々随所に四君子彫が施され、ご本尊・ご先祖様への礼拝対象であると共に、彫柄をもって子孫へ人としの矜持を示す威厳も兼ね備えております。

内陣に目を向けると寺社建築と同様の千鳥破風屋根の空殿に三方枡組格天井を備え、通常目に見えない部分にまで伝統工芸士の匠の技が光る逸品となっております。

黒檀材は部位を厳選し、今では入手困難となった黒檀がもつ独特の縞模様が美しい部分のみを使用しております。



※商品価格は、お問合せください。

■材質詳細
・笠/黒檀厚板貼り
・主要芯材/朴
・戸軸/黒檀厚板貼り
・戸板/黒檀無垢
・台輪/黒檀厚板貼り
・表面仕上/摺漆仕上
生産地:日本


■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像はお客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。



【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/


※商品価格は、お問合せください。

0円(税込)

お買い替えキャンペーン 古いお仏壇の引き取り

伝統工芸仏壇
キャンペーン期間中にお仏壇をご購入のお客様。
ただし、お仏壇のお引取り地域、お仏壇のサイズによってはご相談させていただく場合がございます。

0円より(税込)

伝統工芸品 東京仏壇「黒檀製仏壇」16号 伝統工芸仏壇

伝統工芸仏壇
【商品番号:2697】

お仏壇の三大銘木の内の1つ「黒檀材」、その中でも縞目の出ている希少部位を使用したお仏壇です。意匠は四角四面を基調として戸板にスリガラスを使用した「レトロモダン」的な東京仏壇では珍しデザインが特徴です。デザインはモダンですが、造りは伝統工芸士の技が光る本物で、こちらのお仏壇にも東京都指定伝統工芸仏壇であることを証するシリアルナンバー入りの証紙が貼付されております。

内陣はシンプルな三段造りで、須弥壇と中棚には引出が付いております。腕時計や指輪などご先祖様の御遺品を収納することが出来ます。
扉部分にスリガラスを組み入れることで、扉を閉めてしまうとお仏壇とは分からない造りになっておりますが、内陣は暗くなることが無くお部屋のお掃除やふいの来客時に扉を閉めてもご先祖様が寂しく思われることはないと思います。

希少な東京仏壇の中でも更に希少な意匠のお仏壇ですのでご来店される際には、是非在庫の確認をされることをお薦め申し上げます。


【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。




■材質詳細
・笠、台輪/主材料:黒檀薄板貼り
      芯材料:朴
・戸板、扉/主材料:ガラス
      芯材料:ガラス
・その他/表面仕上げ:摺漆仕上げ、生産地:日本

■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像は平均的な品を撮影したものであり、現品画像ではない場合がございます。また、お客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。



【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/

498,000円(税込)

伝統工芸品 東京仏壇「角型ウォールナット」18号 伝統工芸仏壇

伝統工芸仏壇
【商品番号:2700】
ウォールナット無垢材を贅沢に使用した、東京都伝統工芸士による家具調仏壇。
摺漆を施された木目の美しさが際立つ逸品です。

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。



■材質詳細
・笠、台輪/主材料:ウォールナット無垢
      芯材料:ウォールナット無垢
・戸板、扉/主材料:ウォールナット無垢
      芯材料:ウォールナット無垢
・その他/表面仕上げ:摺漆仕上げ、生産地:日本

■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像は平均的な品を撮影したものであり、現品画像ではない場合がございます。また、お客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。

548,000円(税込)

伝統工芸品 東京仏壇「屋久杉製八角厨子型仏壇」16号 伝統工芸仏壇

伝統工芸仏壇
【商品番号:2701】
稀材屋久杉材を使用した本格八角厨子型仏壇。地袋仏間、背低サイドボードに設置することを考え収納たっぷりの別台付東京仏壇です。

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。



■材質詳細
笠、台輪/主材料:屋久杉薄板貼り
芯材料:
戸板、扉/主材料:屋久杉薄板貼り
芯材料:
その他/表面仕上げ:摺漆仕上げ、生産地:日本

■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像は平均的な品を撮影したものであり、現品画像ではない場合がございます。また、お客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。

568,000円(税込)

伝統工芸品 東京仏壇「屋久杉製仏壇」20号 伝統工芸仏壇

伝統工芸仏壇
【商品番号:1037】
上置型東京仏壇のベストセラー。ほのかに香る稀材屋久杉を使用した丸型仏壇。独特の木目と優しい色合いが人気のお仏壇です。

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。




■材質詳細
・笠、台輪/主材料:屋久杉無垢
      芯材料:屋久杉無垢
・戸板、扉/主材料:屋久杉無垢
      芯材料:屋久杉無垢
・大戸軸/主材料:朴(ほうのき)
      芯材料:屋久杉厚板貼り
・その他/表面仕上げ:摺漆仕上げ、生産地:日本
※写真は、20号です。

■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像は平均的な品を撮影したものであり、現品画像ではない場合がございます。また、お客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。


■他以下のサイズがございます。
●20号:高62.0×幅49.0×奥行32.5cm
638,000円(税込)
●23号:高70.5×幅55.0×奥行37.5cm
748,000円(税込)



【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/

638,000円(税込)

伝統工芸品 東京仏壇「ダルマ型」紫檀内屋久杉 23号 伝統工芸仏壇

伝統工芸仏壇
【商品番号:2494】

お仏壇の日本堂では東京都指定伝統工芸仏壇を取り扱っております。
こちらのお仏壇は国の特別天然記念物に指定されている希少材の屋久杉を内側に使用し、外側は固く耐久性のある紫檀を使用した伝統芸仏壇でございます。
東京都の伝統工芸技術である江戸指物技術にて製作され、仕上げに摺漆仕上げを施してあります。
伝統工芸士により製作される伝統工芸仏壇は本体に東京都指定伝統工芸仏壇であることを証するシリアルナンバー入りの証紙が貼付されております。

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。




■材質詳細
・笠、台輪/主材料:紫檀厚板貼り
      芯材料:朴
・戸板、扉/主材料:紫檀無垢
      芯材料:紫檀無垢
・大戸軸/主材料:紫檀厚板貼り
      芯材料:朴(ほうのき)
・その他/表面仕上げ:摺漆仕上げ、生産地:日本

■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像は平均的な品を撮影したものであり、現品画像ではない場合がございます。また、お客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。




【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/

734,000円(税込)

伝統工芸品 東京仏壇「黒檀・紫檀内屋久杉製仏壇」20号 伝統工芸仏壇

伝統工芸仏壇
【商品番号:2134】

東京仏壇の伝統的技法である、本体と内陣の材質が違う造りのお仏壇です。本体は耐久性に富み強固な唐木黒檀材(もしくは紫檀材)を使用し、内陣には天然記念物指定を受けている明るい屋久杉材を使用しております。内陣に屋久杉材を使用することにより灯篭が無くても内陣が常時明るく、また屋久杉独特の香りも楽しめます。

「本体と内陣に違う木材を使用する」というのは実は非常に難しい技法で、木というものは製材され加工されても空気中の水分を取り込み、微妙な膨張と収縮を繰り返し生きています。材質が違うとこの膨張と収縮率が変わってくるため、「どの部位をどの部分に使用するか」という「木心:きごころ」がよめる職人でないと仏壇自体の耐久性を出すことができません。

造りは外欄間障子付の角型で典型的なお仏壇の意匠となっておりますが、現代の家具に対応する為、奥行きは35㎝と設置場所を選ばない工夫がされております。

規格は20号と上置仏壇としては中型サイズとなりますが、須弥壇を丸須弥壇とすることによりご仏像・お位牌も無理なくご安置が可能です。

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。



■材質詳細
笠、台輪/主材料:黒檀(紫檀)厚板貼り
芯材料:朴
戸板、扉/主材料:黒檀(紫檀)無垢
芯材料:黒檀(紫檀)無垢
大戸軸/主材料:黒檀(紫檀)厚板貼り
芯材料:朴
その他/表面仕上げ:摺漆仕上げ、生産地:日本
※写真は、黒檀20号です。

■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像は平均的な品を撮影したものであり、現品画像ではない場合がございます。また、お客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。

■他以下のサイズがございます。
●20号:高61.5×幅48.5×奥行35.0cm
743,000円(税込)
●23号:高71.0×幅55.0×奥行40.5cm
878,000円(税込)
●25号:高76.0×幅58.5×奥行44.0cm
1,078,000円(税込)
●28号:高85.0×幅65.0×奥行48.5cm
1,480,000円(税込)


【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/

743,000円(税込)

伝統工芸品 東京仏壇「屋久杉製厨子型仏壇」16号 伝統工芸仏壇

伝統工芸仏壇
【商品番号:2702】
国の天然記念物指定を受けている屋久杉材でできた小型の八角厨子型仏壇。小型ながら欄間、独立須弥壇が付属される本格派です。

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。



■材質詳細
・笠、台輪/主材料:屋久杉製薄板貼り
      芯材料:ヒバ
・戸板、扉/主材料:屋久杉製薄板貼り
      芯材料:ヒバ
・大戸軸/主材料:屋久杉製厚板貼り
      芯材料:ヒバ
・その他/表面仕上げ:摺漆仕上げ、生産地:日本

■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像は平均的な品を撮影したものであり、現品画像ではない場合がございます。また、お客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。



【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/

780,000円(税込)

伝統工芸品 東京仏壇「屋久杉製仏壇」18号 伝統工芸仏壇

伝統工芸仏壇
【商品番号:2703】
伝統工芸士の匠の技が光る木瓜造の逸品です。小型ながら二枚戸造りなので希少材屋久杉の木目を充分堪能できる逸品です。

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。



■材質詳細
・笠、台輪/主材料:屋久杉製厚板貼り
      芯材料:米杉
・戸板、扉/主材料:屋久杉無垢
      芯材料:屋久杉無垢
・大戸軸/主材料:両面無垢貼り
      芯材料:米杉
・その他/表面仕上げ:ラッカー・摺漆仕上げ、生産地:日本

■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像は平均的な品を撮影したものであり、現品画像ではない場合がございます。また、お客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。



【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/

903,000円(税込)

伝統工芸品 東京仏壇「屋久杉製角丸仏壇」45/18 伝統工芸仏壇

伝統工芸仏壇
【商品番号:2146】

こちらのお仏壇は国の特別天然記念物に指定されている希少材屋久杉を贅沢に使用した小型台付仏壇でございます。そのサイズ感から弊社伝統工芸仏壇の中で最も人気のある逸品です。

 角型仏壇と共にお仏壇の伝統的な意匠である丸型(通称:ダルマ型)造りになっており欄間・障子が付かないその意匠はお手入れがし易く、シンプルで和洋お部屋を選ばず設置できることが人気と要因となっております。

 こちらのお仏壇の外側はシンプルな丸型ですが、内陣は柱付出高欄・格天井・位牌壇を備えた伝統的な四段造りとなっており、内陣に関しては宮大工が建立する寺院と同じ造りになっております。

 屋久杉は、花崗岩でできた屋久島にて樹齢千年以上の樹木に与えられる称号で、栄養の乏しい花崗岩の山地に育つ屋久杉は成長が遅く、ゆっくり育つ分材質が緻密で樹脂分が多く腐りにくいという特徴を持っております。よって、江戸時代には屋根材などにも使用されており、独特の香りは発するその特徴と相まって衝立や座卓、高級仏壇の材料としても使用されております。

 特別天然物指定を受けている木材なので、伐採することは許されておらず自然倒木したものだけが製材され市場に出荷されるため安定供給することが不可能なため希少材とされています。近年の異常気象による超大型台風などの影響で樹齢千年を待たずして倒木してしまうものもあり、屋久杉の稀少性は今後更に上がるとされております。

 こちらのお仏壇も東京都の伝統工芸技術である江戸指物技術にて製作され、仕上げに摺漆仕上げを施してあります。

伝統工芸士により製作される伝統工芸仏壇は本体に東京都指定伝統工芸仏壇であることを証するシリアルナンバー入りの証紙が貼付されております。

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。



■材質詳細
・笠、台輪/主材料:屋久杉厚板貼り
      芯材料:朴
・戸板、扉/主材料:屋久杉無垢
      芯材料:屋久杉無垢
・大戸軸/主材料:屋久杉厚板貼り
      芯材料:朴
・その他/表面仕上げ:摺漆仕上げ、生産地:日本

■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像は平均的な品を撮影したものであり、現品画像ではない場合がございます。また、お客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。



【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/

941,000円(税込)

伝統工芸品 東京仏壇「角型」紫檀 24号 伝統工芸仏壇

伝統工芸仏壇
【商品番号:2662】

お仏壇の日本堂では東京都指定伝統工芸仏壇を取り扱っております。
唐木の三大銘木として有名な紫檀のお仏壇です。
暗赤紫色の鮮やかな色をしており、外観は現代的な唐木モダンスタイルで、気品ある造形が特徴的です。
紫檀の材質は堅く緻密で、耐久性に優れています。
戸板には、桑の無垢材を使用しており、時間の経過とともに濃暗褐色(飴色)に変化し独特の光沢をもち硬く木肌が美しいのが特徴です。

東京都の伝統工芸技術である江戸指物技術にて製作されたお仏壇です。
伝統工芸士により製作される伝統工芸仏壇は本体に東京都指定伝統工芸仏壇であることを証するシリアルナンバー入りの証紙が貼付されております。

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。



■材質詳細
・笠、台輪/主材料:紫檀厚板貼り
      芯材料:天然木
・戸板、扉/主材料:桑無垢
      芯材料:天然木
・大戸軸/主材料:紫檀厚板貼り
      芯材料:天然木
・その他/表面仕上げ:漆・ウレタン仕上げ、生産地:日本

■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像は平均的な品を撮影したものであり、現品画像ではない場合がございます。また、お客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。




【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/

1,078,000円(税込)

伝統工芸品 東京仏壇「桑製仏壇」20号 伝統工芸仏壇

伝統工芸仏壇
【商品番号:2704】
木目の美しさと色の変化を楽しめる稀少桑材「島桑」を使用した逸品。シンプルな造りなので和洋お部屋を選ばず設置できます。

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。



■材質詳細
・笠、台輪/主材料:桑厚板貼り
      芯材料:ヒバ
・戸板、扉/主材料:桑薄板貼り
      芯材料:ヒバ
・大戸軸/主材料:桑厚板貼り
      芯材料:ヒバ
・その他/表面仕上げ:摺漆仕上げ、生産地:日本

■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像は平均的な品を撮影したものであり、現品画像ではない場合がございます。また、お客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。



【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/

1,088,000円(税込)

伝統工芸品 東京仏壇「黒檀・紫檀製厨子型仏壇」25号 伝統工芸仏壇

伝統工芸仏壇
【商品番号:2698】

厨子の仏具としての歴史は古く、日本へ仏教が伝来した飛鳥時代にはすでに存在し法隆寺の国宝「玉虫厨子」などが有名です。
厨子とは本来、仏像や仏舎利、経典・位牌などを単体で安置するための仏具の為、内部にはひな壇が設えられたものは稀ですが、厨子型仏壇は外見こそ日本仏教古来の厨子の形そのままに、内陣に須弥壇付きの3段ひな壇が設えられ、お仏壇としてお祀りすることができる仕様となっております。また、共材(同材質)にて造られた引出付き別台も付属しておりますのでお線香やお念珠、御経本などを収納するスペースも確保されています。意匠は春日型厨子を模し、宝相華の欄間を擁した内陣には高欄付通し須弥壇など寺院の内陣と同じ意匠で造り込まれている逸品です。
伝統工芸士により製作される伝統工芸仏壇は本体に東京都指定伝統工芸仏壇であることを証するシリアルナンバー入りの証紙が貼付されております。

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。



■材質詳細
笠、台輪/主材料:紫檀(黒檀)薄板貼り
芯材料:ヒバ
戸板、扉/主材料:紫檀(黒檀)薄板貼り
芯材料:ヒバ
大戸軸/主材料:紫檀(黒檀)厚板貼り
芯材料:ヒバ
その他/表面仕上げ:摺漆仕上げ、生産地:日本
※写真は、紫檀です。

■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像は平均的な品を撮影したものであり、現品画像ではない場合がございます。また、お客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。



【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/

1,188,000円(税込)

伝統工芸品 東京仏壇「屋久杉製仏壇 」23号 伝統工芸仏壇

伝統工芸仏壇
【商品番号:2660】

こちらのお仏壇は国の特別天然記念物に指定されている希少材の屋久杉を使用した伝統芸仏壇でございます。
 
 屋久杉は鹿児島県屋久島にて樹齢千年以上の樹木に与えられる称号で、同じ屋久島にある杉材でもその樹齢により名称が変わる木材です。また、特別天然物指定を受けている木材なので、伐採することは許されておらず自然倒木したものだけが製材され市場に出荷されるため安定供給することが不可能なため希少材とされています。
 
 近年の異常気象による超大型台風などの影響で樹齢千年を待たずして倒木してしまうものもあり、屋久杉の稀少性は今後更に上がるとされております。

 こちらのお仏壇はその稀少な屋久杉材の無垢・厚板を贅沢に使用したお仏壇です。

 造りは外欄間障子付の角型で典型的なお仏壇の意匠となっておりますが、明るい色調の屋久杉材を使用していることにより、和洋お部屋を選ばずご安置するとが可能になっております。
こちらのお仏壇も東京都の伝統工芸技術である江戸指物技術にて製作され、仕上げに摺漆仕上げを施してあります。

伝統工芸士により製作される伝統工芸仏壇は本体に東京都指定伝統工芸仏壇であることを証するシリアルナンバー入りの証紙が貼付されております。

【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。



■材質詳細
・笠、台輪/主材料:屋久杉無垢
      芯材料:屋久杉無垢
・戸板、扉/主材料:屋久杉無垢
      芯材料:屋久杉無垢
・大戸軸/主材料:屋久杉厚板貼り
      芯材料:朴(ほうのき)
・その他/表面仕上げ:摺漆仕上げ、生産地:日本
※写真は、23号です。

■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像は平均的な品を撮影したものであり、現品画像ではない場合がございます。また、お客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。


■他以下のサイズがございます。
●23号:高71.0×幅54.5×奥行41.0cm
1,280,000円(税込)
●25号:高76.0×幅59.0×奥行44.0cm
1,480,000円(税込)




【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/

1,280,000円(税込)

伝統工芸品 東京仏壇「角型あじろ仏壇」桑 20号 伝統工芸仏壇

伝統工芸仏壇
【商品番号:2696】

独特の美しい木目と色の変化が人気の桑材で造られた逸品です。

東京仏壇で使用される桑材は桑材の中でも最高峰の通称「島桑」と呼ばれる三宅島・御蔵島産で堅く磨くと美しい光沢が出ることから江戸時代より指物に重用された材です。

こちらのお仏壇は「角型」表記となっておりますが、意匠は厨子型に近い造りになっております。厨子型には四角・六角・八角・丸型厨子とございますが、こちらのお仏壇は反り足をもち本体が宙に浮いたような意匠で、日本に仏教が伝来した飛鳥・天平時代の厨子に近い意匠となっており大変稀少な造りなっております。

扉と引出に桑材のあじろを使用し、天井は折上格天井、内陣や引出に香玉の意匠を施した非常に手間のかかった造りとなっております。

引出部分には桐の落しが付属しております。桐材は湿度を一定に保つ特徴をもち箪笥や掛軸収納箱としてよく使われている材質ですが、耐火性に優れているという特徴はあまり知られておりません。湿度を調整しカビや風化を防ぎ、尚且つ万一の火災の際には貴重品を炎から守る桐材は古来よりその家の家宝等、代々受け継いでいくべきものを守る材質として使用されており、高級仏壇の引出にもよく使われる木材となっております。

このお仏壇も東京都の伝統工芸技術である江戸指物技術にて製作され、仕上げに摺漆仕上げを施してあります。

伝統工芸士により製作される伝統工芸仏壇は本体に東京都指定伝統工芸仏壇であることを証するシリアルナンバー入りの証紙が貼付されております。


【東京仏壇:東京都伝統工芸品東京仏壇とは】
東京仏壇の歴史は、1603年に徳川家康が江戸に開府したことにはじまります。宗教政策の一環として仏寺の建立発展を進めた結果、八代将軍吉宗の時代には一般庶民が競って仏壇を祀るようになりました。その需要に応えるべく、江戸指物師や仏師が独自の技法をつぎこみ仏壇をこしらえたのが、東京仏壇の原型です。
その後、1840年ころからは東京仏壇に唐木が使われるようになり、木地本来の持ち味を生かしながら古典的な優美さも残した、丈夫で長持ちする実用本位の仏壇がつくられます。この伝統と技術を受け継いだ職人(伝統工芸士)が丹念に手づくりしたものが、現在わたしたちが目にする東京仏壇なのです。
現在、東京都伝統工芸品東京仏壇には伝統工芸品である証の伝産マークとシリアルナンバーが記された証紙(シール)が貼付されております。お求めの際はこの証紙をお確かめの上、類似品にはご注意ください。




■材質詳細
・笠、台輪/主材料:桑無垢
      芯材料:桑無垢
・戸板、扉/主材料:桑無垢薄板貼り(網代)
      芯材料:シナベニア
・大戸軸/主材料:桑厚板貼り
      芯材料:キハダ
・その他/表面仕上げ:摺漆仕上げ、生産地:日本

■宗派 どの宗派でもお使いいただけます。

■備考
・表示寸法と実際の寸法は、多少異なる場合がございます。
・商品画像は平均的な品を撮影したものであり、現品画像ではない場合がございます。また、お客様がご利用のパソコン環境により実際の商品の色・質感等がイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい。
・在庫は、店舗により異なります。実店舗でご覧になりたい方はご来店前にお問合せ下さい。
・商品は手作りの為、一部の色、デザイン、寸法が多少変更になる場合がございます。




【東京仏壇について】
https://www.e-butsudan.com/special/tokyo_karaki/

1,328,000円(税込)